【期間限定】全員ビットコインがタダでもらえる

OpenSea(オープンシー)の登録方法から使い方まで画像を使って徹底解説【NFT始めたい方必見】

なやめる君
なやめる君

NFTを買ってみたい。OpenSea(オープンシー)で売買できるらしいけどどうやって登録するんだろう?

できればスマホで完結したい!


今回は元大手銀行出身で、株式投資経験10年以上、仮想通貨投資経験4年以上の僕たちが、『OpenSea(オープンシー)』の登録方法や使い方について、画像を使って丁寧に解説していきます。


マルク
マルク

『OpenSea(オープンシー)』はNFTが売買されている世界最大規模のマーケットです!NFTに興味のある人は、ぜひ一緒に使い方を学んでいきましょう。


期間限定のキャンペーン


無料の新規口座開設と入金だけで、ビットコイン1,500円分が必ずもらえる特大キャンペーンをやっています!


実際に購入しなくてももらえるので、ここ5年で約50倍になっているビットコインをぜひこの機会にタダでGETしてみてください。


【特大キャンペーン中】Coincheck(コインチェック)の口座開設方法などを徹底解説【2022年8月最新版】


それでは話を戻して、早速OpenSea(オープンシー)の登録と使い方にについて、解説していきます。


フラン
フラン

僕も最近はOpenSeaでNFTを定期的に購入しています!


本記事の内容
・OpenSea(オープンシー)とは?
・OpenSea(オープンシー)の登録方法
・OpenSea(オープンシー)の使い方


✔本記事の信頼性


OpenSea(オープンシー)とは?


OpenSea(オープンシー)とは、NFTを売買する世界最大規模のマーケットです。


フラン
フラン

例えば、中古品の個人売買でメルカリを使いますよね。それと同様に、NFTの売買ではOpenSea(オープンシー)を使うのが一般的です。


2021年は全世界の96%のNFT取引がOpenSea(オープンシー)で行われました。


次に、OpenSea(オープンシー)のメリットとデメリットについて、簡単にまとめます。


OpenSea(オープンシー)のメリット
  • 世界最大規模のNFTマーケットプレイス
  • 誰でもNFTの作成、出品、購入ができる
  • 絵、音楽、写真など多くのNFTを取り扱っている


マルク
マルク

とにかく世界最大規模のマーケットであり、ありとあらゆるNFTが集まっていることが特徴です。


OpenSea(オープンシー)のデメリット
  • クレジットカードや仮想通貨以外の支払いができない


フラン
フラン

OpenSeaが対応している代表的な仮想通貨は「イーサリアム」で、コインチェックなどの仮想通貨取引所で買うことができます!


注意

OpenSea(オープンシー)には偽サイトも出回っており、そこから登録してしまうと、ハッキングされてしまう可能性があるので、注意してください。


本記事で紹介しているOpenSea(オープンシー)のアドレスは公式のものなので、安心してください。
OpenSea(オープンシー)のアドレスはブックマークしておくことをオススメします。


それでは、次にOpenSeaの登録をしていきましょう!


OpenSea(オープンシー)の登録方法


それでは、OpenSea(オープンシー)の登録方法について、早速みていきます。


登録には10分もかからず、次の2STEPで登録が可能です。


MetaMask(メタマスク)アプリからOpenSea(オープンシー)に接続

OpenSea(オープンシー)でプロフィール設定


OpenSea(オープンシー)の設定には、まず仮想通貨を管理したり、送金したりする『MetaMask(メタマスク)』というウォレット(財布)の導入が必要です。


まだ『MetaMask(メタマスク)』を導入していない方は、こちらの記事で設定してから、再度この記事に戻ってきてください。。


MetaMask(メタマスク)の登録方法から使い方まで画像を使って徹底解説【NFT始めたい方必見】


マルク
マルク

MetaMaskの導入も5分くらいで簡単にできるので安心してください。


STEP①:MetaMask(メタマスク)アプリからOpenSea(オープンシー)に接続


OpenSea(オープンシー)でNFTの売買を行うためには、OpenSea(オープンシー)とMetaMask(メタマスク)をつなぐ必要があります。


これも特に難しい作業ではないので、安心してください。


まずMetaMask(メタマスク)アプリを開き、左上の3本線をクリックします。


次に、ブラウザ、をクリックします。


真ん中の上にある検索窓をクリックします。


【https://opensea.io/】を入力すると、OpenSea(オープンシー)のサイトが出てくるのでクリックします(偽サイトも出回ってますので、コピペを推奨します)。


OpenSea(オープンシー)のウェブサイトが開いたら、右上の3本先をクリックします。


【connect wallet (ウォレットと接続する)】をクリックします。


MetaMask(メタマスク)を選択します。


MetaMask(メタマスク)に接続しますか?と出るので、【接続】をクリックします。


【accept and sign(同意する)】をクリックします。


このメッセージに署名しますか? と出てくるので右下の【署名】をクリックします。


マルク
マルク

以上でまず接続が完了です!次にプロフィールを設定していきましょう。


STEP②:OpenSea(オープンシー)でプロフィールを設定


続いて、プロフィールの設定をしていきます。


まずOpenSea(オープンシー)のトップ画面から、右上の3本先をクリックします


【Account】をクリックし、【Profile】をクリックします。


真ん中右の・・・をクリックし、【Settings】をクリックします。


右下の【署名】をクリックします。


最低でも【Username(ユーザーネーム)】と【Email Address(Eメールアドレス)】の入力が必須になります。


全て入力が終わったら1番下にある【save】をクリックしてください。


最後に登録したメールアドレスにメールが届きますので、【Verify My Email】をクリックします。


この画面になれば、メールアドレスの登録も完了です。


マルク
マルク

これでオープンシーの登録は完了になり、使えるようになります。お疲れ様でした!


OpenSea(オープンシー)の使い方


OpenSea(オープンシー)の登録が完了したら、実際にOpenSea(オープンシー)を使う流れをみていきましょう。


仮想通貨取引所で口座開設をして、OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する際の流れは、以下のとおりです。


仮想通貨取引所(コインチェックなど)で口座を開設する

・仮想通貨を購入するために、取引所で口座を作る

MetaMask(メタマスク)でウォレットを作成する

・仮想通貨を入れるためのお財布を作る

OpenSea(オープンシー)でアカウントを作成する

・NFTアート専門店(マーケットプレイス)に登録する

ETHを購入して、MetaMask(メタマスク)に送金する

・NFTを購入するためのコインを購入して、お財布に入れる

OpenSea(オープンシー)でNFTを購入する

・NFTアート専門店(マーケットプレイス)で、NFTを購入する



フラン
フラン

MetaMask(メタマスク)に入った仮想通貨を使えば、OpenSea(オープンシー)でNFTを買うことができます!


ちなみに購入したNFTですが、OpenSea(オープンシー)に保管機能がないため、MetaMask(メタマスク)で保管することになります。


まだSTEP.1の仮想通貨取引所の口座開設をしていない方は、こちらでコインチェックの口座開設を詳しく解説しているので、ぜひチャレンジしてみてください。


【特大キャンペーン中】Coincheck(コインチェック)の口座開設方法などを徹底解説【2022年8月最新版】


最短10分無料で口座開設


MetaMask(メタマスク)に仮想通貨を送ってOpenSea(オープンシー)で売買できるようにする


ここまででOpenSea(オープンシー)の設定は完了し、MetaMask(メタマスク)に仮想通貨を入れればNFTが買えるようになりましたので、やり方を紹介します。


マルク
マルク

いつでもNFTが買えるように準備しておいて損はありません。ここではCoincheckを利用したやり方を紹介します。


Coincheckでイーサリアムを買う


まずCoincheckアプリを開き、イーサリアムを選択したら、右下の購入ボタンを押します。


購入したい金額を入力し、日本円でETH(イーサリアム)を購入、をクリックし購入します。


無事に購入が完了するとこのような画面になりますので、ウォレットを確認、をクリックします。


送金、をクリックします。


MetaMaskに仮想通貨を送付する


Coincheckで仮想通貨を送ったことがない人は、送付先の登録が必要ですので、宛先を追加/編集、をクリックします。


ここで一度MetaMask(メタマスク)のアプリを開きます。(Coincheck(コインチェック)アプリはそのまま開いておきましょう)


黒字で伏せられている箇所に、MetaMask(メタマスク)のアドレス(銀行口座のようなもの)が記載されており、タップするとコピーできますので、タップします。


もう一回Coincheck(コインチェック)のアプリに戻ります。


新規追加、をクリックします。


ラベルには【MetaMask】などと入力し、宛先には先ほどのMetaMask(メタマスク)のアドレスをペースト、SMSを送信を押して届いたSMSに入っている番号を入力したら、追加、をクリックします。


宛先が追加されたら、先ほどの宛先を選択し、送金先サービス名はその他を選択(名前はメタマスク、なででOK)、受取人種別は本人への送金を選び、送金額を入力したら、次へ、をクリックします。


送金内容が問題なければ、認証用アプリ(Google Authenticatorなど)のコードを確認し、赤枠にチェックをつけて、申込みを確定する、をクリックします。


数十分待つと、状態が完了になります。


無事メタマスクに入金されていることを確認できれば、完了です!


OpenSea(オープンシー)はNFT売買には必須のツール


今回は、OpenSea(オープンシー)の登録方法や使い方について解説してきました。


OpenSea(オープンシー)は、NFTの世界最大規模のマーケットです。


NFTの購入を考えている方は、ぜひMetaMask(メタマスク)の開設とOpenSea(オープンシー)の設定をしてみてください。


今回は、以上です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。