今だけ口座開設で最大4,000円相当GET|LINE証券

【初心者必見】仮想通貨の始め方|投資の基本と始めるべき理由を徹底解説

なやめる君
なやめる君

仮想通貨投資って最近話題だけど、始めた方がいいのかな。

高リスクのイメージがあるけど、初心者でも大丈夫?

仮想通貨投資の始め方や注意点が詳しく知りたい。


今回は元大手銀行出身で、株式投資経験10年以上、仮想通貨投資経験4年以上の僕たちが、このような疑問に答えていきます。


フラン
フラン

僕は、2017年頃の仮想通貨ブームのときに投資をはじめました。
2021年にもまた大きなブームがきましたね!


このブログでは、仮想通貨のほかにも、投資初心者にオススメできる投資方法として、これまで楽天証券でのつみたてNISAや、LINE証券でもらえる3,000円を利用した投資方法を紹介してきました。


【投資初心者必見】楽天証券のつみたてNISAの始め方を元大手銀行員が徹底解説 LINE証券で最大4,000円相当の株をもらう方法【2022年5月】|口座開設手順とクイズ過去問を徹底解説


今回の仮想通貨投資は、今まで紹介してきた投資法より多少リスクはありますが、ビットコインが5年で50倍になった実績や、将来的な成長期待、リスク分散の観点から、知っておいて損はありません。


また多くの人が誤解していますが、実は仮想通貨投資は思っているより簡単で、始めやすい投資です。


初心者の方向けに、なるべく丁寧に解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。


仮想通貨初心者はまずはコインチェックの口座を無料で開設して、いつでも取引ができるように準備していきましょう。


【特大キャンペーン中】Coincheck(コインチェック)の口座開設方法などを徹底解説【2022年5月最新版】


本記事の内容
・仮想通貨とは
・仮想通貨の魅力
・仮想通貨投資を始める理由
・仮想通貨の始め方
・取引所と販売所の違い

✔本記事の信頼性


仮想通貨とは


まず仮想通貨とは何かについて、簡単に説明します。


仮想通貨とは?

インターネット上でやりとりできる通貨。以前は「仮想通貨」の名が一般的でした。2020年5月に日本円などの”法定通貨”と混同されないよう、金融庁が「暗号資産」を正式な名称としましたが、この記事では馴染みのある仮想通貨、にて記載します。


円やドルなどのように、国が主でコントロールするものと違い、銀行や金融機関などの第三者を通さず、主にインターネット上での取引に使われます。


国や銀行などが管理をしていないため、国を超えた送金などが安価で簡単です。今後さまざまな場面での使用が期待され、将来的な価値に注目が集まっています。


マルク
マルク

実は海外ではスターバックスやサーティワンアイスクリームのような大手企業も仮想通貨決済を導入しているんです。


また、仮想通貨には、『ビットコイン』と『アルトコイン』の2種類があります。


ビットコイン

・世界で最も時価総額が大きく、代表的な仮想通貨
・ビットコイン(BTC)の発行枚数には上限(2,100万枚)がある


アルトコイン

・ビットコイン以外のすべての仮想通貨のこと。2022年現在で2,000種類以上
・代表的なアルトコインは、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、モナコイン(MONA)など


フラン
フラン

仮想通貨=ビットコイン(BTC)と思われがちですが、あくまで仮想通貨の一種なんですね。


仮想通貨の魅力とは?


それでは次に、仮想通貨の魅力について説明していきます。


なぜ仮想通貨は、これほどまでにメディアなどで取り上げられる機会が多く、魅力的に感じる人が多いのでしょうか。


僕たちが考える仮想通貨の魅力は、大きく下の2つです。


  1. 将来的な成長分野で使われる可能性が高い
  2. 価格変動が大きく少額投資でも大きなリターンが期待できる


①将来的な成長分野で使われる可能性が高い


まずは、将来的に成長が見込まれる分野で仮想通貨が使われる可能性が高いことです。


今話題のメタバースやNFTなどには、仮想通貨が深く関わってきます。


例えば、仮想空間を指すメタバースでは国境を越えてやりとりが行われます。そのため円やドルなどではなく、仮想通貨が使われることはほぼ間違いないと言われています。


フラン
フラン

メタバースは、マーク・ザッカーバーグ氏が「Facebook社の未来はメタバースにある」として社名をMetaに変えたことで話題になりましたよね!


メタバースやNFTといった最新のテクノロジーの話題は、これから僕たちも学びながら、記事にしていきたいと思っています。


②価格変動が大きく少額投資でも大きなリターンが期待できる


2つ目の魅力は、投資(投機)としての魅力になります。


仮想通貨投資はボラティリティと呼ばれる価格変動幅が大きく、少額投資でも大きなリターンが期待できます。


例えば、2017年1月には約10万円だったビットコインは、2022年1月現在約500万円とおおよそ50倍になっています。


魅力の1つ目で話したように、今後も成長するメタバースやNFTなどでの使用機会が増えて認知されれば、さらなる価格上昇も期待できると考えられています。


ただし、このボラティリティが高いということは、マイナス面にも大きく価格変動する、ということですので、その点には注意が必要です。


フラン
フラン

このように仮想通貨投資は、ボラティリティの高い投資になるので、僕たちは少額のつみたて投資をオススメしています。


初心者も仮想通貨投資を始めるべき理由


続いて、なぜ初心者でも仮想通貨投資を始めるべきと考えるか、について説明します。


おそらく多くの人はリスクが高い投資と聞くと、経験豊富な人がやる投資、初心者が手を出すと危ない、と考える人が多いでしょう。


しかし、僕たちは仮想通貨投資は以下2つの理由から初心者の方でも少額から始めるべきだと考えています。


  1. ビットコインが5年で50倍の実績もあり、将来への期待度が高い
  2. 分散投資の観点からもリスクヘッジにな


投資の世界には「卵は一つのカゴに盛るな」という格言があります。


これは複数の商品に投資を行い、リスクは分散させた方がよいという分散投資の教えです。


出典:金融庁資料


ここからもわかるように、投資の基本はリスクヘッジのために分散投資をすることです。


その中の1つの投資対象に仮想通貨を入れることは決してリスキーなことではありません。


ただし、繰り返しになりますが、仮想通貨は価格変動が大きい投資になりますので一括投資ではなく、少額のつみたて投資をオススメします。


今は、500円程度の少額から仮想通貨投資ができるようになっていますので、少額からつみたて投資をしてみてはいかがでしょうか?


オススメの暗号資産取引所2社

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内仮想通貨交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)


仮想通貨投資の始め方


それでは、いよいよ仮想通貨の始め方について、説明していきます。


仮想通貨投資を始めることは難しいと思っている初心者の方も多いと思いますが、実はぜんぜん難しくありません。


仮想通貨購入までの4ステップは、証券会社で口座を開いて投資信託を買うときと同じイメージです。


具体的にコインチェックの口座開設方法が知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。


【特大キャンペーン中】Coincheck(コインチェック)の口座開設方法などを徹底解説【2022年5月最新版】


口座開設のため、必要書類を準備

銀行口座や証券口座の開設と同じように本人確認書類などの準備をします

仮想通貨取引所で口座を開設

そして、Coincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー)などの仮想通貨取引所で口座を開設します

取引所口座に日本円を入金

口座が開設できたら、銀行振込やコンビニなどから日本円を入金します

仮想通貨を購入

日本円が入金できたら、実際に仮想通貨を購入してみましょう!


マルク
マルク

こうみると全然難しくないですよね。それでは、それぞれのステップについて簡単に解説していきます。


STEP1:口座開設のため、必要書類を準備をする


まず必要書類や環境の準備を行います。口座開設に必要なものとしては以下の通りです。


・本人確認書類(運転免許証やパスポートとマイナンバー等)
・銀行口座(自分の名義の銀行口座)
・パソコンかスマートフォン(スマホ1つでもOK)


本人確認書類は、顔写真のないものは、2点用意しなければならないケースも多いので、ご注意ください。


STEP2:仮想通貨取引所で口座を開設する


次は、いよいよ仮想通貨取引所で口座開設をします。


主な口座開設の手順は、以下のとおりです。


  1. 仮想通貨取引所にメールアドレスを登録
  2. メールアドレスに届いたメールから本登録
  3. 本登録で、個人情報や本人確認書類を提出
  4. 住所確認のハガキを受け取る
  5. 仮想通貨口座が開設完了


フラン
フラン

具体的な口座開設方法は、Coincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー)など、取引所ごとに多少異なりますので別記事で詳しく解説します。


STEP3:取引所口座に日本円を入金する


続いてのステップは、取引所口座に日本円を入金することです。


ネット銀行からの振り込みが簡単でオススメですが、各入金方法と概要は、下の表を参考にしてください。


入金方法概要
銀行振込銀行口座からの振り込みで入金可能(1番オススメ)
クイック入金取引所提携の金融機関であれば、パソコンやスマホから入金可能
コンビニ入金コンビニ支払いで入金可能
取引所口座に日本円を入金する方法


マルク
マルク

入金方法によって手数料は異なるので、振込手数料無料のネット銀行を持っていると便利ですね。


STEP4:仮想通貨を購入する


最後のステップは、仮想通貨の購入です。


フラン
フラン

何を購入したらいいかわからない初心者には、最初はビットコイン(BTC)かイーサリアム(ETH)のメジャーなコインがオススメです。


また、仮想通貨を購入するときは、「取引所」か「販売所」で購入することになるのですが、ここが初心者が間違いやすいポイントです。詳しく解説していきます。


取引所と販売所の違い


仮想通貨購入の際は、「取引所」か「販売所」いずれかで購入することになりますが、この違いは大切なのでよく理解しておいてください。


「取引所」か「販売所」の大きな違いは、”取引をする相手”と”手数料”の違いです。


取引所

・ユーザー間(個人対個人)で売買を行う(フランとマルクで取引)
販売所に比べて手数料が安い(無料のところも多い)


販売所

・ユーザーと仮想通貨取引所で取引(自分とCoincheckで取引)
スプレッド(実質的な手数料)を支払う必要がある


イメージ的には、こんなイメージを持ってもらえれば大丈夫です。


「取引所」➡ メルカリのように個人同士が取引する場所
「販売所」➡ スーパーのように個人と業者で取引する場所


手数料以外にも若干異なるところはあるのですが、さほど変わらないので、覚えなくても問題ありません。


覚えてほしいのは、積立投資をするとき以外の取引では、「取引所」を使った方が手数料がお得、ということです。


まとめ:仮想通貨投資は少額からコツコツ投資がオススメ


今回は、初心者向けに仮想通貨投資の始め方と基本的な知識について、説明してきました。


仮想通貨投資は、投資信託などに比べるとリスクの高い投資法ですが、将来的な成長はかなり期待できる分野です。


分散投資の1つの投資先として、今のうちから少額投資を始めてみてはいかがでしょうか。


最後に、僕たちも利用している仮想通貨のオススメの取引所を紹介します。


オススメの暗号資産取引所2社

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内仮想通貨交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。