【期間限定】全員ビットコインがタダでもらえる

GMOコインのメリット・デメリット|初心者向けに元銀行員が解説

なやめる君
なやめる君

GMOコインって実際どうなんだろう?

国内の仮想通貨取引所は多いけど、何かメリットはあるのかな?


今回は元大手銀行出身で、株式投資経験10年以上、仮想通貨投資経験4年以上の僕たちが、このような疑問に答えていきます。


期間限定のキャンペーン


無料の新規口座開設と入金だけで、ビットコイン1,500円分が必ずもらえる特大キャンペーンをやっています!


実際に購入しなくてももらえるので、ここ5年で約50倍になっているビットコインをぜひこの機会にタダでGETしてみてください。


【特大キャンペーン中】Coincheck(コインチェック)の口座開設方法などを徹底解説【2022年8月最新版】


マルク
マルク

僕も実際に使っているGMOコインについて、画像付きで口座開設方法を説明します。最近流行りのレンディング(仮想通貨を貸すだけで8%程度の利益を得る)には必須のサービスですよ。


仮想通貨は危険と思われがちですが、将来への期待の大きい投資であり、少額資金での投資はリスクヘッジにもなると考えています。


また、今話題のメタバースやNFTにも関連していることから、仮想通貨市場は将来的な成長が見込まれています。


フラン
フラン

ただし価格変動が大きく、法整備も完全とは言いにくいので、リスクを考慮するとあくまでも余剰資金の一部がベストです。


本記事ではGMOコインのメリット・デメリットを解説しますが、口座開設をしたい方はこちらをどうぞ。


GMOコインの口座開設方法|初心者向けに元銀行員が画像を使って解説


本記事の内容
・GMOコインとは?
・GMOコインのメリット
・GMOコインは仮想通貨送付が0円
・GMOコインのデメリット

✔本記事の信頼性


GMOコインとは?


まずは、GMOコインの概要と特徴を簡単に解説します。


GMOコインとは?
  • 2016年サービス開始
  • 運営主体はGMOインターネットグループ
  • 合計21種類の仮想通貨を取引可能
  • ユーザー数46万口座(2021年11月時点)


GMOコインは仮想通貨の大手国内取引所で、東証プライム市場に上場するGMOインターネットグループの一社です。


フラン
フラン

2021年度オリコン顧客満足度No.1に選ばれています。東証プライムに上場しているGMOインターネットグループなので安心感もありますね!


本記事では、GMOコインのメリットとデメリットを正直に解説していきます。


GMOコインのメリット


GMOコインのメリットは次の通りです。


  1. 仮想通貨の送付が0円でできる
  2. セキュリティが強い
  3. 取扱銘柄数国内No.1
  4. 仮想通貨の積立投資ができる


それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。


GMOコインメリット①:仮想通貨の送付が0円でできる


GMOコインの最大のメリットは、他の取引所への送付手数料が無料であることです。


仮想通貨を取引していると、他の取引所やサービスに仮想通貨を送付したい時があります。


マルク
マルク

例えば最近話題のレンディング(持っている仮想通貨を貸すだけで年8%などの高い利息をもらう)などにかなり使えますよ!


レンディングサービスは数多くありますが、その中でももらえる利息が高い『ビットレンディング』でレンディングするには、どこかで仮想通貨を買って、それを送付する必要があります。


フラン
フラン

もらえる金利が高くてオススメのビットレンディングでは仮想通貨を直接買えません。GMOコインで仮想通貨を買って、ビットレンディングに送る場合、送付が0円でできます!


他の取引所ではビットコインなどの仮想通貨を送付する際に数千円程度の手数料がかかることがあります。


以下の通り、代表的な仮想通貨であるビットコインとイーサリアムで、有名な仮想通貨取引所の送付手数料と比較してみました。


仮想通貨取引所GMOコインコインチェックビットフライヤー
手数料(ビットコイン換算)無料0.0005BTC0.0004BTC
手数料(日本円換算)0円1,500円1,200円
ビットコイン送付手数料比較 横スクロール可

※1ビットコイン=300万円で算出 2022年6月25日現在


仮想通貨取引所GMOコインコインチェックビットフライヤー
手数料(イーサリアム換算)無料0.005ETH0.005ETH
手数料(日本円換算)0円800円800円
イーサリアム送付手数料比較  横スクロール可

※1イーサリアム=16万円で算出 2022年6月25日現在


例えばビットコインは他社の場合、送付するだけで安くても1,500円くらいの手数料がかかってしまいます。


ビットレンディングを使うなら、これだけのためにGMOコインの口座開設しておくのもおすすめです。


フラン
フラン

ビットコインなどをすぐに売るつもりがないなら、ただ寝かせておくのはもったいないです。預けて8%ゲットするのはアリです。


ビットレンディングで年利8%|初心者向けに元銀行員が始め方を画像付で解説


GMOコインメリット②:セキュリティが強い


仮想通貨ではセキュリティ面が心配とよく言われますが、GMOコインは大手インターネット関連の企業であることから、セキュリティ面が強いです。


マルク
マルク

専門的な用語になりますが「システムへの侵入対策」、「コールドウォレット管理」、「マルチシグ対応」といった管理がなされています。


フラン
フラン

GMOは、GMOクリック証券も運営しており、セキュリティ対策は万全です。


GMOコインメリット③:取扱銘柄数国内No.1


GMOコインは、ビットコインを始めとする仮想通貨を21銘柄取り扱っています。


マルク
マルク

取扱銘柄数は、国内の仮想通貨取引所の中でも最多です。


そのため、さまざまな仮想通貨に触れることができ、その銘柄に応じた取引が可能になります。


世界で流通している最先端の仮想通貨に触れることができるのも魅力の一つです。


GMOコインメリット④:仮想通貨の積立投資ができる


GMOコインでは、500円から仮想通貨の積立投資ができ、毎日1回・毎月1回から選ぶことができます。


フラン
フラン

投資の王道は、長期での分散投資です。つみたてであれば少額から分散投資を行うことができ、リスクを最小限に始めることができます。


仮想通貨初心者(特に学生や主婦など)・少額ずつコツコツ積み立てていきたい人にオススメです。


GMOコインのデメリット


続いて、GMOコインのデメリットを説明します。


  1. 仮想通貨の送付が0円でできる
  2. セキュリティが強い
  3. 取扱銘柄数国内No.1
  4. 仮想通貨の積立投資ができる


GMOコインデメリット:販売所だと手数料(スプレッド)が高い


GMOコインで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法として、「販売所」と「取引所」の2種類の取引方法があります。


「販売所」で購入する場合にはスプレッド(実質の手数料)が高くなりますので、短期売買などを行う際には注意しましょう。


GMOコインは仮想通貨送付手数料が0円でビットレンディングには必須


いかがでしたでしょうか。


先述したとおりGMOコインはメリットが4つあります。

  1. 仮想通貨の送付が0円でできる
  2. セキュリティが強い
  3. 取扱銘柄数国内No.1
  4. 仮想通貨の積立投資ができる


そのなかでもGMOコインの最大のメリットは他の取引所では数千円かかることもある、仮想通貨送付手数料が無料、なことです。


『ビットレンディング』では年8%程度の金利をもらうことができるので、GMOコインで仮想通貨を買い、手数料0円で送付することで、持っている仮想通貨を有効活用することができますよ。


ビットレンディングを使う場合、「送付手数料無料」は他の取引所にはない大きなメリットになります。


最後までお読みいただきありがとうございました。


サクッと10分。スマホで開設


GMOコインの口座開設方法|初心者向けに元銀行員が画像を使って解説